キャリアアップマガジン

自己破産とは

自己破産とは多債務に苦しむ方々の最後の救済処置です。
債務者である本人が裁判所で申し立てをし、債務整理の手続きをしなければなりません。
実際申し立てや手続きは難しいもので、弁護士さんに頼む方法が1番良いのですが、お金がなくて自己破産したいのにお金のかかる弁護士さんに頼むことなど出来ないでしょう。

 

そんなお金があるなら普通は返済に充てる思います。

 

それでも、やはり返済に苦しく弁護士さんに頼めないとなれば、自分で裁判所へ行き説明を受けて自分で手続きをする必要があります。何かと細かいことや面倒なことも沢山ありますが、その先の債務の支払いや督促から解放されると思うと黙々とこなせるでしょうし、申し立てをして結果が出るまでは支払はしなくても良いので気持ち的にも余裕が出てくると思います。

 

 

選挙投票の資格が持てないだとか悪いことばかり噂になっていたりもしますが、そんな事はなく自己破産すると向こう10年程は借金はできませんが、自己破産していない人と同じように生活する事はできます。
自己破産について更に詳しく知るならこちらのサイトがかなり詳しいですよ。

 

自己破産ガイド

 

 

多債務者になってしまって苦しんでいる方、自己破産の手続きを視野に入れてみてはと思います。

 

自己破産は、家族や会社に知られる事なく行う事は可能か?

自己破産を行う上で、気になるのが周りの目になってくるかと思います。やはり、誰でも自分が自己破産をしたと言う事は知られたくない事実。

 

そんな、自己破産を周りの人に知られる事なく行う事ができるかと言うと、ケースバイケースになってくるようです。

 

例えば、会社の場合、直接、会社から借金をしていない場合、特に知れれてしまう事はないかと思います。しかし、自己破産の申請の際、必要書類として退職金額の証明書が必要になってきます。この書類をどのようにして手に入れるかが問題で、理由を聞かれた場合、知られる事なく手に入れる事は難しいかも知れません。

 

また、家族においては、同居している場合、家族の収入を証する書面等を裁判所に提出する事が必要になってきます。これらの書類を家族に言う事なく手に入れる事は難しくなっている為、同居している家族に知られる事なく自己破産を行う事は、非常に難しい事だと言えるかと思います。

 

このように、会社や家族に知られる事なく、自己破産の手続きを行う事は、少し難しいと言わざるを得ません。

借金と法律との関係の考察

きっとこれまでにどこからか借金をした事があるという人は意外と多いと思います。

 

ですが、借金をする時にどういう法律の効果が発生するのかという事を考えて借金したという人は少ないと思います。

 

 

 

なぜなら、多くの人は借金する時には自分が圧倒的に弱い立場にあると思っているので利息の支払いも金融機関が言ってきたままに払う事になってもそれほど抵抗を持たないからです。

 

 

 

それにそもそも法律に詳しくない人が多いというのも借金をする時にどういう法律の効果が発生するのかもわかっていない原因のひとつになっています。では、具体的に借金する時にどういう法律が関係してくるのかというと、利息制限法や貸金業法などの法律です。

 

 

 

中でも特に多くの人がきにすべき事は利息制限法です。この法律を遵守している金融機関からお金を借りるようにするのが金融機関からお金を借りる際の最低条件になります。

 

 

 

この法律さえも満足に守れないような所から借金しても痛い目に合うのは自分です。

 

確かに借り入れの申し込みをしても審査に落ちてしまって手当たり次第に金融機関にお金を

 

借りようとする場合もあるかと思います。

 

 

 

ですが、そういう場合にどこかの金融機関の借り入れ審査に通っても利息の支払い条件が

 

法律違反をしている事もよくあります。

 

 

 

ですから、金融機関から借金しようと思った時はまずはその金融機関が法令を守っている

 

金融機関かどうか調べてから借り入れの申し込みをする事が必須になってきます。